Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性

飛天ジャパンが提供する「SecureCore Standard Edition」に認証不備の脆弱性が含まれていることが判明した。パッチやアップグレードで修正が行われている。

同製品は、Windowsへのログオンを制御するソフトウェア。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性「CVE-2018-16160」が存在し、「同2.x」を「Windows 8」および「Windows 8.1」環境下で利用した際、認証が回避され、端末へログインされるおそれがあるという。

同脆弱性は、ビズリーチの大田大輔氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「SecureCore Standard Edition 3.0」で修正されたほか、「同2.x」の利用者に対して脆弱性を修正するパッチが提供されている。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア