Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsのログオン制御ソフトに認証回避の脆弱性

飛天ジャパンが提供する「SecureCore Standard Edition」に認証不備の脆弱性が含まれていることが判明した。パッチやアップグレードで修正が行われている。

同製品は、Windowsへのログオンを制御するソフトウェア。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、脆弱性「CVE-2018-16160」が存在し、「同2.x」を「Windows 8」および「Windows 8.1」環境下で利用した際、認証が回避され、端末へログインされるおそれがあるという。

同脆弱性は、ビズリーチの大田大輔氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「SecureCore Standard Edition 3.0」で修正されたほか、「同2.x」の利用者に対して脆弱性を修正するパッチが提供されている。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性