Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討

ISPや通信事業者、クラウド事業者などの関連事業者間でメールやメッセージングを中心としたセキュリティに関する情報の共有や対策を検討する「JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group」が設立された。

同グループは、メールやメッセージングサービスなどを利用した不正行為への具体的な対策について、関係者間で協議、検討、実施することを目指す業界団体。リーダーは、インターネットイニシアティブ(IIJ)の櫻庭秀次氏が務める。

迷惑メールの流通量が減少する一方、攻撃の巧妙化や、メール以外にもアプリのメッセージングサービスを悪用するなど、あらたな対策の必要性が生じているとして、主要なISPやクラウド事業者、メッセージング事業者、ソフトやハードウェアのベンダーなど事業者が主体となり、これら問題の情報を共有、対策について検討を進める。

ワールドワイドで活動する「M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)」の国内リージョンと位置付けられており、同グループとも連携を図っていく方針。

設立にあたり、11月8日に都内で第18回迷惑メール対策カンファレンスとの併催イベントとして「JPAAWG 1st General Meeting」を開催する予定。国内外の有識者が参加し、最新のインターネット脅威情報、セキュリティ対策などについて、紹介、議論する。一般登録の受け付けも10月22日よりスタートしている。

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加