Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院

宇陀市立病院において、ランサムウェアの感染被害が発生し、電子カルテシステムが約2日間にわたって使用できない状態に陥った。システムは復旧済みだが、バックアップの不備で一部データが欠損しており、暗号化されたデータの解析を進めている。

20181024_uh_001.jpg
宇陀市立病院のウェブサイト

同院によれば、電子カルテシステムがランサムウェアへ感染し、10月1日から15日までに来院した患者のうち1133人分の一部診療記録が暗号化され、参照できない状況だという。

不具合が発生したのは10月16日5時半過ぎ。システムが利用できない状態に陥った。

システムのマルウェア感染が判明したため、抜線など行った上でシステムを停止。診療にあたり、一時紙のカルテや伝票に切り替えた。

問題のシステムは、委託先の作業に不備があり、最新のセキュリティ対策ソフトがインストールされておらず、バックアップについても磁気テープが装填されていなかったことから一部データが復元できない状態だという。同システムは10月1日に導入したばかりで、動作の確認期間中だった。

(Security NEXT - 2018/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事