Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁

金融庁は、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」を改訂した。あらたな課題への対応や、従来施策の強化などを盛り込んだ。

同方針は、金融システム全体の安定に向けて金融分野におけるサイバーセキュリティの確保を目指し、2015年7月に策定したもの。政府の基本方針「サイバーセキュリティ戦略」の改訂を踏まえ、金融分野においてセキュリティ対策をさらに推し進めるため、今回改訂した。

あらたな課題として、IoTの普及によるデジタライゼーションへの対応、サイバー攻撃に対する各国間連携、2020年東京オリンピック、パラリンピックの開催などを挙げている。また金融機関におけるセキュリティ管理体制の強化、情報共有における実効性の向上、人材育成の強化など、従来からの施策を推進していく。

20181022_fs_001.jpg
、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」のおもな施策

(Security NEXT - 2018/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
ココンと産総研、高機密性データの利活用に向け共同研究
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
金融分野のセキュリティレポートを公開 - 金融庁
2019年1Qは不正送金被害が急増 - 被害額が約7倍に