Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁

金融庁は、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」を改訂した。あらたな課題への対応や、従来施策の強化などを盛り込んだ。

同方針は、金融システム全体の安定に向けて金融分野におけるサイバーセキュリティの確保を目指し、2015年7月に策定したもの。政府の基本方針「サイバーセキュリティ戦略」の改訂を踏まえ、金融分野においてセキュリティ対策をさらに推し進めるため、今回改訂した。

あらたな課題として、IoTの普及によるデジタライゼーションへの対応、サイバー攻撃に対する各国間連携、2020年東京オリンピック、パラリンピックの開催などを挙げている。また金融機関におけるセキュリティ管理体制の強化、情報共有における実効性の向上、人材育成の強化など、従来からの施策を推進していく。

20181022_fs_001.jpg
、「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組方針」のおもな施策

(Security NEXT - 2018/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
なりすましメール対策、約6割が「SPF」設定、「DMARC」は1%
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査