Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、同社データセンター利用者向けに不正侵入対策のマネージドサービスを提供開始した。

今回開始した「IDS/IPSサービス」は、同社のクラウドサービスやホスティングサービスの利用者を対象としたマネージドサービス。ネットワークを監視し、不正侵入の検知や防御、利用者への通知を行う。

月次レポートを提供し、月額料金は3万4776円。別途初期費用が必要で、IDSのみの場合、IPSを併用する場合で異なる。またHTTPS通信に関してもオプションで対応する。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習