Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE

LINEは、同社が提供するLINEメッセンジャーアプリにおいて、2018年上半期に世界各国の捜査機関から1576件の情報開示要請を受けたことを明らかにした。8割弱について要請へ応じたという。

同社では、刑事事件においてLINEが利用された場合や、LINE上で犯罪予告が行われた場合に限り、捜査機関からの情報開示要請に応じ、法令に基づいてユーザーの登録情報や通信情報などを提供している。

今回、2018年上半期の状況を取りまとめたもので、2018年1月から6月の間に同社に対して行われた開示要請は1576件だった。

76%にあたる1190件に対応し、1590回線について情報を開示。開示件数の推移を見ると、2016年下半期の997件から増加傾向が続いているという。

受領した要請のうち86%が国内捜査機関からの要請。次いで「台湾」「韓国」が多い。対応内容は「児童被害」が33%、「金銭被害」が26%、「人身被害」が18%、「違法有害情報」が8%、「不正アクセス」が1%だった。

20181018_li_001.jpg
情報開示への対応推移(グラフ:LINE)

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
総務省、クラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を改定
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」