Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに

2018年第3四半期のインシデント件数は3411件で、前四半期から約5.4%減となった。ウェブサイトの改ざんが前四半期の3分の2近くに減少したという。

JPCERTコーディネーションセンターが同四半期におけるインシデント報告の状況を取りまとめたもの。

インシデント件数は3411件で前四半期の3595件から184件減となった。一方、サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は2216件。前四半期の2124件から増加している。

インシデント件数の推移を月別で見ると、7月は1081件、8月が1161件、9月が1169件と緩やかな増加傾向が見られた。「フィッシングサイト」が全体の38.2%。「スキャン」が34.1%で続き、これらで全体の7割を占める。

20181017_jp_001.jpg
インシデント件数(表:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告