Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立

日立製作所は、制御システムにおけるUSBメモリの管理ソリューション「NX UsbMonitor」に、大規模システム向けの統合管理ソフトと小型のUSB接続管理装置を、12月20日よりラインナップに追加する。

同ソリューションは、制御システムへ物理的に取り付けることで、OSに依存することなくUSBメモリの使用状況を常時監視し、不正なUSBデバイスの接続を防止するソリューション。

従来よりスタンドアローン型のモデルを提供してきたが、今回あらたに大規模制御システム向けに、USBデバイスの不正接続をネットワーク経由で統合管理できるソフトウェア「NX UsbMonitor/Manager」を提供。

同ソフトにより、USBメモリの接続管理に用いるホワイトリストの一元管理や接続ログの収集に対応。不正な接続が発生した時間や場所を把握できる。

また従来の4ポート型モデルと比較し、約50%の省スペースを実現した1ポート型のUSB接続管理装置をラインナップへ追加した。

20181009_hi_001.jpg
製品の動作イメージ(画像:日立製作所)

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
OTネットワークのリスク可視化サービス
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence