Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」狙う攻撃が発生、早急に更新を - 適用優先度を急遽最高値に引き上げ

「ColdFusion」に複数の深刻な脆弱性が明らかとなり、Adobe Systemsでは9月にアップデートを公開したが、一部脆弱性が早くも悪用されていることがわかった。同社は適用優先度を急遽引き上げ、利用者へ適用を呼びかけている。

無制限でファイルのアップロードが可能となり、コードを実行されるおそれがある「CVE-2018-15961」に関して、悪用されたとの報告を同社では認知しているという。

同社は同脆弱性に対し、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたる9月11日にアップデートをリリース

9件の脆弱性を解消したアップデートについて適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングし、30日以内を目安にアップデートするよう呼びかけてきたが、今回の事態を受け、急遽適用優先度を変更した。

「ColdFusion 2018」「同2016」に対し、適用優先度をもっとも高い「1」に引き上げ、可能な限り早く最新版へアップデートすることを推奨。ただし、「同11」については当初のレーティングを据え置き、「2」を継続している。

20181001_as_001.jpg
各アップデートと適用優先度(表:Adobe)

(Security NEXT - 2018/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース