Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも

FIDO Allianceは、FIDO2に対応したブラウザと、FIDO2としてはじめて製品を認定し、取得組織を公表した。

FIDO2は、オンラインサービスにおける認証規格。「W3C Web Authentication」に対応しており、FIDO Allianceのデバイス間連携仕様を組みあわせることで、多要素認証、生体認証などパスワード以外の機器による認証に対応する。

ブラウザでは、「Chrome」「Edge」「Firefox」が対応。あわせて同団体では、セキュリティキーや生体認証機器、クライアント、サーバにおいてFIDO2認定を取得した組織を公表した。

国内ではヤフーが認定を取得。今後、ヤフーが提供する「Yahoo! JAPAN」において、FIDO2によるログイン認証に対応する。

認定の取得組織は以下のとおり。

Korea Electronic Certification Authority
Dream Security
ETRI
eWBM
IBM
Infineon Technologies
INITECH
Nok Nok Labs
OneSpan
Raonsecure
Samsung SDS
Singular Key
Whykeykey
Yubico
ヤフー

(Security NEXT - 2018/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
FIDOアライアンス、12月に都内でセミナー開催
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」