Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルに脆弱性「Mutagen Astronomy」、PoCが公開 - 「RHEL」「CentOS」に影響

今回の問題を受け、同社より脆弱性の報告を受けたRed Hatは、「Red Hat Enterprise Linux 6」「同7」「MRG 2」に影響があると説明。

ただし、32ビットシステムには影響せず、メモリの搭載量が32Gバイト未満の場合は、影響を受ける可能性が低いとしている。

Red Hatでは、緩和策を案内。将来的なカーネルのアップデートで脆弱性を解消する予定だという。

20180927_rh_001.jpg
Red Hatによる脆弱性「CVE-2018-14634」のCVSS v3による評価

(Security NEXT - 2018/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ