Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルに脆弱性「Mutagen Astronomy」、PoCが公開 - 「RHEL」「CentOS」に影響

今回の問題を受け、同社より脆弱性の報告を受けたRed Hatは、「Red Hat Enterprise Linux 6」「同7」「MRG 2」に影響があると説明。

ただし、32ビットシステムには影響せず、メモリの搭載量が32Gバイト未満の場合は、影響を受ける可能性が低いとしている。

Red Hatでは、緩和策を案内。将来的なカーネルのアップデートで脆弱性を解消する予定だという。

20180927_rh_001.jpg
Red Hatによる脆弱性「CVE-2018-14634」のCVSS v3による評価

(Security NEXT - 2018/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに