Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク

ソフトバンクの携帯電話向けメールサービスにおいて、迷惑メールフィルタの不具合により、約1030万件のメールを誤って迷惑メールと判断、削除したことがわかった。心当たりがある送信者へ着信を確認するよう呼びかけている。

同社によれば、迷惑メールと誤って判定されて削除されたのは、9月17日11時前から9月18日午前9時過ぎにかけて送信され、送信元ドメインに「.co.jp」が含まれる約1030万件の受信メール。

ソフトバンクの「S!メール(MMS)」「Eメール(i)」、ワイモバイルの「MMS」「EMメール-S(MMS)」「ケータイ(PHS)用Eメール」で迷惑メールフィルタを利用している約436万ユーザーが影響を受けたという。

同社の迷惑メールフィルタでは、蓄積された迷惑メールのデータベースをもとに、パターンファイルを作成して迷惑メールの判断を行っているが、パターンファイルを自動生成する際に不具合があったという。

すでに不具合は修正済みで、同社では対象となる顧客と個別に連絡を取り謝罪。運用体制の見直しを図るという。

また心当たりがあるメールの送信者に対して、メールが届いているか確認してほしいと呼びかけている。

日ごろ同社では、これらサービスを通じて1日あたり約3億件のメールを処理。迷惑メールフィルタにより、約1億5千万通を迷惑メールとしてブロックしているという。

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け
Apple、「iOS 13.1.2」をリリース - 2週間弱で3度の更新
Apple、「iOS 13.1」をリリース - 脆弱性の修正内容は不明
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
顧客メアド7676件が流出、システムトラブル原因か - Looopでんき
撮影サービスで別の顧客写真が閲覧可能に - 東京ディズニーリゾート
「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ