Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神

アイテック阪急阪神は、ウェブ閲覧によるマルウェア感染を防ぐクラウドサービス「Cloud Shield-i」を提供開始した。

同サービスは、アシストが国内総代理店を務めるイスラエルEricom Softwareのブラウザ分離ソリューション「Ericom Shield」をクラウドサービスとして提供するもの。ウェブコンテンツを仮想コンテナ内の専用ブラウザで実行。レンダリング済みの安全な画面をエンドポイントで表示することにより、ウェブ閲覧を介したマルウェア感染を防止する。

クラウドサービスのため、エンドポイントへエージェントの導入やサーバを準備することなく利用できる。

20181005_it_001.jpg
サービスのイメージ(画像:アイテック阪急阪神)

(Security NEXT - 2018/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
IIJ、ゲートウェイサービスにアイソレーションサービスをオプションで追加
他ローカル環境と分離したブラウジング環境を提供するソフトウェア
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
日立ソ、SharePoint Online向けに暗号化ソリューション