Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト

パロアルトネットワークスは、パブリッククラウドにおけるセキュリティリスクの可視化やコンプライアンス監査を提供するサービス「Evident」を提供開始した。

同サービスは、クラウドインフラの監視、検査、評価を行い、アカウントやサービスにおけるセキュリティリスクを可視化できるソリューション。同社が買収したEvident.ioのソリューションをもとに開発した。

「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」をサポートしており、危険度のレベル別に集計して表示。コンプライアンス監査を行ってレポートを作成。「GDPR」「HIPAA」「PCI」「SOC2」「CIS foundations」などに対応している。

またクラウドストレージの保護機能を提供。コンテナやバケット内のデータの検出と分類、リスクにさらされている領域の評価、公開されているデータの自動修復、マルウェアの隔離が行える。

20180913_pn_001.jpg
「Evident」のダッシュボード(画像:パロアルト)

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション
バラクーダ、ウェブサイトの脆弱性を検知するサービス
デジタルアーツら3社、パブリッククラウド向け製品で連携
SC、「Active Directory」のクラウドサービスを提供
クラウド保存前に暗号化するゲートウェイ - アズム