Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援

ソフォスとリコージャパンは、小規模事業者向けにUTMの導入から復旧までパッケージした「RICOH サイバーセキュリティパック」を9月21日より提供開始する。

同サービスは、従業員10人以下の小規模事業者を対象としたマネージドセキュリティサービス。ソフォスのUTM製品「Sophos XG105」の導入、運用、マルウェア検知および駆除、データ復旧までパッケージ化した。リコーが遠隔監視を行い、インシデント発生時は全国のサービスステーションからエンジニアを派遣する。

料金は、「Sophos XG105」の導入設定や5年間のオンサイト保守を含む基本メニューが42万9840円。遠隔監視やマルウェアの駆除、各種通知を提供するオプションメニュー「みまもりプラン」が5年一括で1台あたり7万3224円から。月額プランも用意している。バックアップやオンサイトの復旧まで含む「みまもり復旧プラン」は、2019年初旬より提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス