Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除

Appleの公式ストアであるApp Storeにおいて、複数のトレンドマイクロ製アプリが削除された。同社は状況について調査を行っている。

App Store上で提供していたiOSやmacOS向けの同社複数アプリが削除され、検索しても一切表示されない状態となっている。

トレンドマイクロによると、ダウンロードができなくなっているのは、iOS向けに提供している「ウイルスバスターモバイル」シリーズや「パスワードマネージャー」「フリーWi-Fiプロテクション」「Jewelry Box」。法人向けの「Trend Micro Mobile Security」も含まれる。またmacOS向けに公開していた「ライトクリーナー」もダウンロードできない状態となっている。

同社では状況の確認を進めており、状況が更新され次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表