Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ

インターネットイニシアティブは、ログ解析を1日2回とすることで従来サービスより価格を抑えた「IIJ C-SOCサービスベーシック」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、セキュリティ機器から収集したアラートやログを分析し、インシデントの検知や対応を行う「IIJ C-SOCサービス」の廉価版。収集したログの解析を1日2回に抑えることでフルタイムのサービスに対して月額料金を約50%から60%に抑えた。

セキュリティポリシーやシステムの重要度からフルタイムの対応が不要な組織向けに提供。メールやチケットにより、インシデント発生の有無を通知する。

インシデントを検知した場合は対策を提示し、対象となる同社サービスに対して必要に応じて設定の変更を行う。対応時間は平日の9時から17時半。料金は月額29万9000円から。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始