Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ

インターネットイニシアティブは、ログ解析を1日2回とすることで従来サービスより価格を抑えた「IIJ C-SOCサービスベーシック」を10月1日より提供開始する。

同サービスは、セキュリティ機器から収集したアラートやログを分析し、インシデントの検知や対応を行う「IIJ C-SOCサービス」の廉価版。収集したログの解析を1日2回に抑えることでフルタイムのサービスに対して月額料金を約50%から60%に抑えた。

セキュリティポリシーやシステムの重要度からフルタイムの対応が不要な組織向けに提供。メールやチケットにより、インシデント発生の有無を通知する。

インシデントを検知した場合は対策を提示し、対象となる同社サービスに対して必要に応じて設定の変更を行う。対応時間は平日の9時から17時半。料金は月額29万9000円から。

(Security NEXT - 2018/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資