Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社

電通テックは、パーソナルデータの管理や企業における活用を支援する新会社マイデータ・インテリジェンスを設立した。

同社では、生活者が健康データや行動データ、位置情報、購買データなどさまざまなパーソナルデータをプラットフォームに登録。1つのIDで統合管理し、パーソナルデータで生活者と企業をつなぐ双方向のプラットフォームを提供するという。

信託したデータは、生活者同意のもと、特定の企業にだけ公開。データの提供を受けた企業は、マーケティングに利活用できる。生活者は見返りとして、提供したデータに応じた報酬やサービスなどを受けることができる。

今後、生活者には使用したデータに基づいた対価やインセンティブを提供し、企業に対しては生活者が許諾したデータを必要な分のみ提供する「マイデータ・バンク」として機能させる予定。

来春には大規模実証実験を計画しており、生活者の同意形成や、企業のニーズと利活用による成果を検証するとしている。

20180921_dt_001.jpg
プラットフォームサービスの概要(図:電通テック)

(Security NEXT - 2018/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業