Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェアPLC「INplc-RT」に複数の脆弱性 - アップデートで修正

マイクロネットの「プログラマブルロジックコントローラ(PLC)」である「INplc」に複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「INplc-RT」に、任意のコード実行が可能となるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0668」をはじめ、認証不備や権限の昇格など、複数の脆弱性が判明したもの。

また同製品にくわえ、「INplc SDK Express」「INplc SDK Pro+」のインストーラには、細工されたDLLファイルを読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2018-0667」が含まれる。

これら脆弱性は、白木光達氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

マイクロネットでは、アップデートを用意。またインストーラの脆弱性に関しては最新版で修正済みだという。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消