Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェアPLC「INplc-RT」に複数の脆弱性 - アップデートで修正

マイクロネットの「プログラマブルロジックコントローラ(PLC)」である「INplc」に複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「INplc-RT」に、任意のコード実行が可能となるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0668」をはじめ、認証不備や権限の昇格など、複数の脆弱性が判明したもの。

また同製品にくわえ、「INplc SDK Express」「INplc SDK Pro+」のインストーラには、細工されたDLLファイルを読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2018-0667」が含まれる。

これら脆弱性は、白木光達氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

マイクロネットでは、アップデートを用意。またインストーラの脆弱性に関しては最新版で修正済みだという。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中