Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大

京都教育大学において、一部ウェブメールのアカウントが乗っ取られ、フィッシングメールを送信する際の踏み台に悪用されたことがわかった。

同大によれば、7月30日と8月2日に米国を発信元とする3件のIPアドレスよりメールシステムに対する不正アクセスを受けたもの。教職員のアカウント1件が踏み台として悪用され。学外のメールアドレス約1万件に対し、フィッシングメールが送信された。

同大の複数関係者にフィッシングメールが届いており、誘導先のウェブサイトでアカウント情報が詐取されたものと見られる。

フィッシングメールは、特定製品の警告メッセージに見せかけ、メールボックスの保存容量を超えてメールの送受信ができなくなるなどと不安を煽る内容だった。踏み台として外部に送信されたフィッシングメールも、同様の内容だったという。

(Security NEXT - 2018/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生