Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨

PDFの出力など画像処理に使われる「Ghostscript」に脆弱性が判明した問題で、当初の予定より前倒しでアップデート「同9.24」がリリースされた。悪用コードも出回っており、最新版へのアップデートが強く推奨されている。

同ソフトウェアは、「PostScript」や「PDF」などの出力に利用されるオープンソースのインタープリタ。保護機能である「-dSAFERオプション」が回避され、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-16509」が指摘されている。

脆弱性の判明を受けて、開発を手がけるArtifex Softwareでは公開リポジトリ上で修正を実施。パッチは入手可能な状態となっていたが、同パッチを反映した修正版のリリース時期については、当初9月下旬とアナウンスされていた。

同社では、前倒しで「同9.24」をリリースし、同脆弱性をはじめとする複数の問題へ対処。最新版へアップデートを強く推奨している。またすでに脆弱性の悪用コードが流通しているとして、セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス