Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 62」がリリース - 深刻な脆弱性含む9件を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの新版「Firefox 62」をリリースした。深刻な脆弱性を含め、複数の脆弱性に対処している。

今回のアップデートは、あわせて9件の修正を実施したもの。4段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は1件で、メモリの処理に問題があり、任意のコード実行されるおそれがある「CVE-2018-12376」に対処した。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。解放後のメモリにアクセスが可能となるいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2018-12377」「CVE-2018-12378」や、メモリ処理の脆弱性「CVE-2018-12375」を解消。

さらに域外のメモリへ書き込みを行う脆弱性やプロクシー設定がバイパスされる問題など、重要度が「中(Moderate)」の脆弱性2件のほか、「低(Low)」の脆弱性2件を修正している。

また「Firefox ESR 60.2」においても脆弱性「CVE-2018-12376」について修正を実施した。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中