Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 69」がリリース、セキュリティに関する40件の修正を実施

「Chrome」の開発チームは、「Windows」や「macOS」「Linux」向けに複数の脆弱性ヘ対処した最新版ブラウザ「Chrome 69」をリリースした。

今回提供を開始した「Chrome 69.0.3497.81」では、機能強化にくわえ、セキュリティに関する40件の修正を実施した。

セキュリティチームでは主要な脆弱性として23件をピックアップ。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」の脆弱性は含まれていない。

ついで重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は8件を修正。域外のメモリに書き込みが可能となる脆弱性「CVE-2018-16065」をはじめ、インテグラオーバーフローや解放後メモリへのアクセス、域外のメモリ処理に関する脆弱性へ対応した。

また「中(Medium)」の脆弱性13件や「低(Low)」の脆弱性2件をあわせて解消している。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「Drupal」に深刻なRCEの脆弱性 - 早急に脆弱性対応を
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を