Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社

日本貿易振興機構(JETRO)は、2018年度日本発知的財産活用ビジネス化支援事業「JETRO Innovation Program(JIP)」の採択企業を発表した。セキュリティ分野からも採択されている。

同事業は、知財を持つスタートアップや中小、中堅の日本企業における海外展開のハンズオンで支援するプログラム。特許庁の補助事業として展開している。

ジェトロが海外のアクセラレーターと提携し、ビジネスモデル構築研修、メンタリング、ピッチ、展示会での商談機会、ビジネスマッチングなどの支援メニューを提供。2018年度は米シリコンバレー、中国の深セン、ドイツのベルリン、ASEANの6地域を対象に展開する。

AIやロボット、クラウド、IoT、ゲノム、VRなど幅広い分野から49社が採択されており、セキュリティ分野では、シリコンバレープログラムにFFRI、インドネシアプログラムにオプティムが採択された。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
ライセンス監査受けた企業の6割で追加請求 - ガートナー調査
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析