Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社

日本貿易振興機構(JETRO)は、2018年度日本発知的財産活用ビジネス化支援事業「JETRO Innovation Program(JIP)」の採択企業を発表した。セキュリティ分野からも採択されている。

同事業は、知財を持つスタートアップや中小、中堅の日本企業における海外展開のハンズオンで支援するプログラム。特許庁の補助事業として展開している。

ジェトロが海外のアクセラレーターと提携し、ビジネスモデル構築研修、メンタリング、ピッチ、展示会での商談機会、ビジネスマッチングなどの支援メニューを提供。2018年度は米シリコンバレー、中国の深セン、ドイツのベルリン、ASEANの6地域を対象に展開する。

AIやロボット、クラウド、IoT、ゲノム、VRなど幅広い分野から49社が採択されており、セキュリティ分野では、シリコンバレープログラムにFFRI、インドネシアプログラムにオプティムが採択された。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
VMware、Carbon Blackの買収で合意
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装