Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト

マカフィーは、「セキュリティ川柳・吹き出し・あるある!コンテスト」を開催している。

同コンテストは、コンシューマー向けのセキュリティ啓発活動の一環として実施するもの。

セキュリティをテーマとする「川柳」をはじめ、同社が用意したアイコンにセリフを追加する「吹き出し」、共感を呼ぶセキュリティの出来事を表現する「あるある」の3部門で作品を募集する。

選出された優秀作品には、Amazonのギフト券などの賞品が贈られる。優秀作品は11月8日に開催する同社イベント「2018 MPOWER Cybersecurity Summit」で発表する予定。

作品の応募は、コンテスト特設サイトの応募フォームより受け付ける。締め切りは10月29日18時。コンテストの詳細はコンテストの特設サイトから。

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab