Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発

NECは、虹彩認証を中心としたマルチモーダル生体認証システムを提供している米Tascentに出資し、同分野で協業すると発表した。

虹彩の画像を遠隔から取得する光学制御技術や、生体情報を正確に取得するため利用者をスムーズに誘導するUI技術を保有するTascentと資本提携し、事業連携の強化を図るもの。株式の取得は8月末を予定している。

今回の提携を通じて、NECでは同社生体認証エンジンとTascentが持つ光学制御技術やUI技術を組みあわせ、虹彩認証にも対応したマルチモーダル生体認証システムの開発を共同で進めていく。

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
DDS、FIDOに準拠した認証サービスを提供
DNPとGemalto、スマホの生体認証機能を活用した認証サービス
NEC、顔認証を活用した決済システムの実証実験を開始