Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Photoshop CC」に複数の深刻な脆弱性 - 悪用は未確認

Adobe Systemsは、「Adobe Photoshop CC」に深刻な脆弱性が見つかったとして、アップデートをリリースした。脆弱性の悪用は確認されていないという。

同製品において、メモリ破壊が生じ、リモートよりコード実行が可能となる2件の脆弱性「CVE-2018-12810」「CVE-2018-12811」が明らかとなったもの。重要度はいずれも3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。悪用は確認されていない。

同社では、脆弱性へ対処した「同19.1.6」「同18.1.6」を、「Windows」および「macOS」向けに用意。適用優先度を3段階中もっとも低い「3」としており、任意のタイミングでアップデートを実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ