Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入

従来エンタープライズ向けにマルウェア対策製品を展開してきた米Cylanceは、コンシューマー向け製品を市場に投入した。

今回発表した「Cylance Smart Antivirus」は、機械学習をもとに作成したエンジンを搭載するコンシューマー向けセキュリティ対策製品。Windows版、macOS版を用意している。

同社は従来より「CylancePROTECT」を法人向けに展開してきたが、あらたに米国のコンシューマー市場に参入。オンラインショップを通じて販売する。日本国内での提供開始時期は未定。

価格は1年版が29米ドル、2年版が39米ドル。5デバイスまで利用できる世帯向けプラン、10デバイスまで利用できる家族向けプランも用意している。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス
Cylanceによるマルウェア検知と操作ログなどでインシデント原因を特定 - ラック
「LanScope Cat」に米Cylanceのマルウェア検知機能
日立ソ、定義ファイルに依存しないエンドポイント製品を取扱開始
デル、BIOSのマルウェア感染検証機能をビジネスPC向けに