Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府

大阪府のウェブサイトにおいて、医薬品卸売販売業者などの個人情報が3年以上にわたり、誤って閲覧できる状態となっていたことがわかった。

2015年3月26日から2018年8月3日にかけて、ウェブサイトで公開している「大阪府地域防災計画関連資料集」に添付された表計算ファイルに個人情報が含まれていたもの。

同資料は、災害対策基本法の規定に基づき策定している大阪府地域防災計画の関連資料。添付資料に2006年6月時点の医薬品卸売販売業者など8社の関係者16人分の個人情報を記載していたもので、氏名や会社名、役職、部署名、携帯電話番号などが含まれる。

同府によれば、2015年3月、2017年9月、2018年1月に資料集の修正版を公開した際、個人情報が記載されたシートに気が付かず、ウェブサイトに誤って掲載してしまったという。

8月3日に外部から指摘があり問題が判明し、サイトから削除。同府では対象となる関係者や関連企業、団体に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
新薬の安全性定期報告書が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院
レターパックで送付した妊婦や乳児の健康診断受診票が所在不明
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県