Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府

大阪府のウェブサイトにおいて、医薬品卸売販売業者などの個人情報が3年以上にわたり、誤って閲覧できる状態となっていたことがわかった。

2015年3月26日から2018年8月3日にかけて、ウェブサイトで公開している「大阪府地域防災計画関連資料集」に添付された表計算ファイルに個人情報が含まれていたもの。

同資料は、災害対策基本法の規定に基づき策定している大阪府地域防災計画の関連資料。添付資料に2006年6月時点の医薬品卸売販売業者など8社の関係者16人分の個人情報を記載していたもので、氏名や会社名、役職、部署名、携帯電話番号などが含まれる。

同府によれば、2015年3月、2017年9月、2018年1月に資料集の修正版を公開した際、個人情報が記載されたシートに気が付かず、ウェブサイトに誤って掲載してしまったという。

8月3日に外部から指摘があり問題が判明し、サイトから削除。同府では対象となる関係者や関連企業、団体に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
取引先情報など含む業務用携帯電話を紛失 - 医療機器メーカー
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社