Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱

パーソナルデータの利活用を行っている企業は約25%で、利活用しているデータは「購買履歴」と「ウェブ閲覧履歴」が多いことがわかった。

個人情報保護委員会が、事業者における個人情報、匿名加工情報の利活用の実態について調査を行ったもの。同調査では、「個人情報」「匿名加工情報」「統計情報」を「パーソナルデータ」と定義。3月8日から同月16日にかけて、IoT推進コンソーシアムの会員企業に対しウェブによるアンケートを実施し、207件の回答を得た。

パーソナルデータの利活用を行っている企業は約25%で、利活用を検討している企業を含めると50%弱だった。

利活用しているパーソナルデータの種類では、利活用を検討している段階も含め、「購買履歴」と「ウェブ閲覧履歴」が多かった。そのほか、「来店、問い合わせなどの履歴」「位置情報」「生活習慣などの健康情報」「医療情報」も利活用が見られた。

20180817_pp_001.jpg
売上高別の利活用状況(グラフ:個人情報保護委員会)

第三者提供を行っているパーソナルデータでは、「位置情報」が7件、「購買履歴」が4件。提供を検討しているパーソナルデータは、これらにくわえ、「テレビの視聴履歴」「ウェブの閲覧履歴」「医療情報」などが目立つ。

一方、提供を受けているパーソナルデータは、「ウェブ閲覧履歴」が6件、「来店、問い合わせなどの履歴」「購買履歴」が3件だった。検討中とされるデータとしては、「ウェブ閲覧履歴」や「購買履歴」などが多い。

匿名加工情報の利活用のメリットについて聞いたところ、提供を受けた側における「個人情報漏洩リスクの軽減」「本人同意取得などの手続き簡略化」「本人同意が不要なため大量のデータを利活用できる」が多く挙げられた。

匿名加工情報の利活用に向けた課題では、「匿名加工情報についてよく知らない」がもっとも多く、「具体的な利用方法がわからない」「自社のデータへのニーズがあるのかわからない」「匿名加工情報を扱ったり分析する人材がいない」といった回答も聞かれた。

20180817_pp_002.jpg
匿名加工情報の利活用に向けた課題(グラフ:個人情報保護委員会)

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC