Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行

ケイ・オプティコムの会員向けサービス「eoID」で、本人以外の第三者による「不正ログイン」が多数確認されたことがわかった。同社ではパスワードの使い回しなどを避けるよう利用者へ注意を呼びかけている。

同社ISPサービスや格安SIM「mineo」向けの会員サービスである「eoID」において、不正ログインの被害が確認されたもの。同社によれば、台湾や日本などの特定IPアドレスからパスワードリスト攻撃が行われたという。

8月13日22時過ぎから8月16日までの不正なログイン試行は約126万回に及び、15日21時の時点で6458件のアカウントが、本人以外の第三者によるなりすましのログインを許したという。

第三者によってログインされたユーザーは、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどを閲覧された可能性がある。

今回の不正ログインは、IDとパスワードの組み合わせを用いて短時間に大量のログイン試行を行っており、他社サービスから流出したアカウント情報を利用した「パスワードリスト攻撃」であると同社では分析。同社経由の情報流出については否定している。

緊急措置として同社は、特定IPアドレスからのログインを遮断。不正ログインが確認された会員については、パスワードを変更しなければ利用できないよう対策を講じた上で、メールにより連絡を取っている。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
「Chatwork」に675万回以上の不正ログイン試行 - 約1.1万件でログイン成功か
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件
ブックオフ会員に心当たりないPW再設定メール - リストを用いて試行か
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証