Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし

一部セキュリティ対策製品を利用している環境下で、JPCERTコーディネーションセンターのウェブサイトにアクセスできない状態が発生している。ウェブサイトの改ざんなどは確認されておらず、アクセスに問題はないという。

20180815_jc_001.jpg
JPCERT/CCでは、ウェブサイトやTwitterを通じてアナウンスを行っている

同センターによれば、8月15日に特定のセキュリティ対策製品が同センターのサイトを「フィッシングサイト」と判定し、アクセスできない状態が発生しているとの報告を受けたという。

報告を受けて同センターでは、ウェブサイトについて改ざん状況など検証したが問題は確認されておらず、「アクセスしても問題ない」と説明。

8月15日の時点で事象が確認されているのは1製品のみとしており、「影響を及ぼすと思われるウェブサイトの検証を行い、セキュリティベンダーに判定の確認をお願いしている(同センター広報)」という。

一般的に、誤ってフィッシング判定を受けた場合、リストより削除されて製品に反映されるまで数日間を要するため、今回のケースでも同様の期間がかかると同センターでは見ている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
製品の脆弱性対応を行う「PSIRT」フレームワークに日本語版
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加