Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし

一部セキュリティ対策製品を利用している環境下で、JPCERTコーディネーションセンターのウェブサイトにアクセスできない状態が発生している。ウェブサイトの改ざんなどは確認されておらず、アクセスに問題はないという。

20180815_jc_001.jpg
JPCERT/CCでは、ウェブサイトやTwitterを通じてアナウンスを行っている

同センターによれば、8月15日に特定のセキュリティ対策製品が同センターのサイトを「フィッシングサイト」と判定し、アクセスできない状態が発生しているとの報告を受けたという。

報告を受けて同センターでは、ウェブサイトについて改ざん状況など検証したが問題は確認されておらず、「アクセスしても問題ない」と説明。

8月15日の時点で事象が確認されているのは1製品のみとしており、「影響を及ぼすと思われるウェブサイトの検証を行い、セキュリティベンダーに判定の確認をお願いしている(同センター広報)」という。

一般的に、誤ってフィッシング判定を受けた場合、リストより削除されて製品に反映されるまで数日間を要するため、今回のケースでも同様の期間がかかると同センターでは見ている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003