Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

Linuxカーネルにおいて、IPフラグメントの処理に問題があり、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同3.9」以降において、IPフラグメントの再構築処理に問題があり、リソースが枯渇する脆弱性「CVE-2018-5391」が存在することが判明したもの。

リモートより細工したIPフラグメントを送信することにより、サービス拒否を引き起こすことができ、DoS攻撃に悪用されるおそれがあるという。

セキュリティ機関では、パッチの適用を呼びかけるとともに、IPフラグメントの値を変更するといった回避策を紹介している。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
「VMware Tools」の一部バージョンに権限昇格の脆弱性
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
「Adobe Illustrator CC」に複数の深刻な脆弱性
「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開