Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ

2018年第2四半期は、サイバー攻撃の検知数が前四半期から2割増加した。モバイルマルウェアに関しては3割増となっている。

Kaspersky Labが、2018年第2四半期に同社製品で検知した脅威について、利用者の同意のもとクラウド基盤で収集。動向を取りまとめたもの。

同四半期に検知した攻撃は9億6295万件。前四半期の7億9681件から20.9%増加した。悪意あるURLに関しても前四半期の2億8281万件から3億5191万件へと拡大し、前期比24.4%増となっている。

端末上における不正送金マルウェアの検知件数は21万5762件。前四半期の20万4448件を上回った。悪意あるオブジェクトや不審なオブジェクトの検知件数は1億9205万件で、前四半期の1億8760万件から微増となっている。

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生