Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ

2018年第2四半期は、サイバー攻撃の検知数が前四半期から2割増加した。モバイルマルウェアに関しては3割増となっている。

Kaspersky Labが、2018年第2四半期に同社製品で検知した脅威について、利用者の同意のもとクラウド基盤で収集。動向を取りまとめたもの。

同四半期に検知した攻撃は9億6295万件。前四半期の7億9681件から20.9%増加した。悪意あるURLに関しても前四半期の2億8281万件から3億5191万件へと拡大し、前期比24.4%増となっている。

端末上における不正送金マルウェアの検知件数は21万5762件。前四半期の20万4448件を上回った。悪意あるオブジェクトや不審なオブジェクトの検知件数は1億9205万件で、前四半期の1億8760万件から微増となっている。

(Security NEXT - 2018/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査