Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースのWiki「GROWI」に複数のXSS脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースのwikiである「GROWI」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同アプリはCrowiよりフォークとして派生したオープンソースのWiki。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、管理画面や閲覧画面、作成モーダルなどにあわせて4件のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。ページを閲覧した際に、スクリプトを実行されるおそれがある。

情報科学専門学校の林義徳氏や西谷完太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同ソフトを提供しているWESEEKでは、脆弱性へ対処した「同3.1.12」をリリース。同バージョン以降を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正