Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースのWiki「GROWI」に複数のXSS脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースのwikiである「GROWI」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同アプリはCrowiよりフォークとして派生したオープンソースのWiki。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、管理画面や閲覧画面、作成モーダルなどにあわせて4件のクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。ページを閲覧した際に、スクリプトを実行されるおそれがある。

情報科学専門学校の林義徳氏や西谷完太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同ソフトを提供しているWESEEKでは、脆弱性へ対処した「同3.1.12」をリリース。同バージョン以降を利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
7月のパッチ未適用「Oracle Database」利用者に注意喚起 - Oracle
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消