Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Mingw-w64」由来の実行ファイルに「ASLR」を利用しない脆弱性

「Mingw-w64」において作成されたWindows実行ファイルが、利用するとされる脆弱性保護機能を実際は利用していないことが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同ソフトは、「MinGW(Minimalist GNU for Windows)」のフォーク。デフォルトで作成したWindows実行ファイルにおいて、メモリ空間をランダムに配置することで、脆弱性に対する攻撃の影響を緩和する「ASLR(Address Space Layout Randomization)」を利用するとされるが、実際は同機能を利用していない脆弱性「CVE-2018-5392」が判明した。

実行ファイルのPEヘッダに「ASLR」との互換性を示す内容を含むものの、再配置テーブルが削除され、「ASLR」を利用しておらず、「ROP(return-oriented programming)」攻撃に対して脆弱だという。

CERT/CCでは、同脆弱性の回避策として「ASLR」の再配置テーブルを強制的に保持させる方法を紹介。利用者へ注意を呼びかけている。

20180806_cc_001.jpg
脆弱性の影響を受けるベンダー(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
Windows向け「VMware Horizon」に情報漏洩の脆弱性
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「アタッシェケース」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートで修正