Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symfony」に2件の脆弱性 - 修正版がリリース

オープンソースのウェブアプリケーションフレームワークである「Symfony」の開発チームは、2件の脆弱性を修正した。

同フレームワークのコンポーネント「HttpKernel」において「HttpCache」を利用している際、ヘッダーインジェクションが可能となる脆弱性「CVE-2018-14774」が判明したもの。

さらにコンポーネント「HttpFoundation」では、古いIISヘッダーの処理に脆弱性「CVE-2018-14773」が存在。これらヘッダーのサポートを中止した。

開発チームでは、これら脆弱性へ対処した「同4.1.3」「同4.0.14」「同3.4.14」「同3.3.18」「同2.8.44」「同2.7.49」をリリースしている。

また「同3.2」「同3.1」「同3.0」についてはメンテナンスが終了しており、修正が提供されないため注意が必要。

(Security NEXT - 2018/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開
メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開