Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準

フィッシング対策協議会は、フィッシング攻撃における7月の動向を取りまとめた。フィッシングサイトのURLや悪用されたブランドが増加している。

同月に同協議会へ報告されたフィッシング攻撃は1977件。6月の2009件から微減し、2000件を割った。ピークを迎えた2018年5月に比べると減少しているが、3月以降は2000件前後と高い水準で推移しており、今後の動向が注目される。

フィッシング攻撃に悪用されたURLは、6月に前月比約1.6倍となる836件へと大きく増加。7月も増加傾向が続き、160件増となる996件だった。2017年9月に次ぐ規模となっている。

20180801_ap_001.jpg
フィッシングの報告数と悪用されたURLの推移。発表を元に独自に作成

6月にフィッシング攻撃へ悪用されたブランドは、前月比7件増となる41件。40件を超えたのは、2011年5月以来7年2カ月ぶり。

同協議会によれば、「Apple」「LINE」「Amazon」「MyEtherWallet」など大量に送信されるフィッシング攻撃ある一方、報告が少ないケースも見られ、ブランド数の増加につながったという。

またソフトバンクなど携帯電話キャリアを装うフィッシング攻撃の報告も寄せられており、被害も発生しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
フィッシングURLは過去最多 - 報告やブランド悪用も増加
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加