Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード

JPCERTコーディネーションセンターは、「CVE-2018-2983」について、4月17日に修正され、直後より悪用が確認されている「CVE-2018-2628」の修正不備に起因するとの情報もあると指摘。両脆弱性が影響を受けるプロトコル「T3」「T3 over SSL」に対してアクセス制限を設定することを推奨している。

また「Oracle WebLogic Server」の「ウェブサービス」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2018-2894」についても、すでに「GitHub」で実証コード(PoC)が公開されており、容易に悪用することが可能。

さらにXMLノードにおけるコメント処理に問題があり、細工した「SAMLアサーション」によって、認証を回避できる「CVE-2018-2998」「CVE-2018-2933」についても、脆弱性を報告したニュージーランドPulse Securityのセキュリティ研究者によって詳細が明らかにされており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み