Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数「WebLogic Server」脆弱性、早くも悪用や実証コード

JPCERTコーディネーションセンターは、「CVE-2018-2983」について、4月17日に修正され、直後より悪用が確認されている「CVE-2018-2628」の修正不備に起因するとの情報もあると指摘。両脆弱性が影響を受けるプロトコル「T3」「T3 over SSL」に対してアクセス制限を設定することを推奨している。

また「Oracle WebLogic Server」の「ウェブサービス」においてリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2018-2894」についても、すでに「GitHub」で実証コード(PoC)が公開されており、容易に悪用することが可能。

さらにXMLノードにおけるコメント処理に問題があり、細工した「SAMLアサーション」によって、認証を回避できる「CVE-2018-2998」「CVE-2018-2933」についても、脆弱性を報告したニュージーランドPulse Securityのセキュリティ研究者によって詳細が明らかにされており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ