Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市

愛知県蒲郡市は、国民健康保険税更正通知に関する個人情報を保存したUSBメモリが、所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、保険年金課が業務で利用しているUSBメモリを紛失していることが、7月5日に判明したもの。同USBメモリを使用した3月5日を最後に、以降の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、国民健康保険税更正通知に関する個人情報449人分が保存されていた。同市では、対象者へ説明と謝罪の書面を郵送した。

業務手順の規程では、USBメモリ内のデータは作業後すぐに消去することになっていると説明。またUSBメモリにはパスワードを設定しており、保存されたファイルを開く場合にも専用のソフトが必要だとしている。

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報の持ち出しで職員を懲戒処分 - 糸魚川市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
顧客情報含むUSBメモリを一時紛失 - セントラル警備保障