Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市

愛知県蒲郡市は、国民健康保険税更正通知に関する個人情報を保存したUSBメモリが、所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、保険年金課が業務で利用しているUSBメモリを紛失していることが、7月5日に判明したもの。同USBメモリを使用した3月5日を最後に、以降の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、国民健康保険税更正通知に関する個人情報449人分が保存されていた。同市では、対象者へ説明と謝罪の書面を郵送した。

業務手順の規程では、USBメモリ内のデータは作業後すぐに消去することになっていると説明。またUSBメモリにはパスワードを設定しており、保存されたファイルを開く場合にも専用のソフトが必要だとしている。

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業