Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF

デジタル・フォレンジック研究会(IDF)は、「証拠保全ガイドライン第7版」を公開した。同会ウェブサイトよりダウンロードできる。

同資料は、国内における電磁的証拠を保全手続きする際、参考となるガイドライン。2010年に初版が公開され、2017年5月にリリースされた第6版から約14カ月ぶりの改訂となる。

フォレンジック関連技術を運用する企業の参加のもと、実態と大きく乖離しない内容を目指したとしており、海外のガイドラインも参考にすることで、グローバル企業でも活用できるよう配慮したという。

また改訂にあたっては、社会や技術の動向など環境の変化やフォレンジックの置かれる状況を踏まえ、対処能力の底上げを図りつつ、さまざまな事案の特性を踏まえたノウハウを盛り込んだとしている。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ノートルダム大聖堂の火災、便乗サイバー攻撃に注意
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」