Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF

デジタル・フォレンジック研究会(IDF)は、「証拠保全ガイドライン第7版」を公開した。同会ウェブサイトよりダウンロードできる。

同資料は、国内における電磁的証拠を保全手続きする際、参考となるガイドライン。2010年に初版が公開され、2017年5月にリリースされた第6版から約14カ月ぶりの改訂となる。

フォレンジック関連技術を運用する企業の参加のもと、実態と大きく乖離しない内容を目指したとしており、海外のガイドラインも参考にすることで、グローバル企業でも活用できるよう配慮したという。

また改訂にあたっては、社会や技術の動向など環境の変化やフォレンジックの置かれる状況を踏まえ、対処能力の底上げを図りつつ、さまざまな事案の特性を踏まえたノウハウを盛り込んだとしている。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開