Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性

日本医師会の「日医標準レセプトソフト」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

日本医師会の研究事業プロジェクトであるORCA管理機構が提供する同ソフトにおいて、複数の脆弱性が判明したもの。バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0643」や、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0644」が含まれるという。

脆弱性を悪用されると任意のコマンドが実行されたり、ログイン可能なユーザーによって、任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、IoT×Security Hackathon 2016より情報処理推進機構(IPA)が報告を受けたもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。修正プログラムが用意されており、アップデートを実施するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性
Apple、「macOS Catalina 10.15.3」やセキュリティ更新を公開
Apple、「iOS 13.3.1」をリリース - 脆弱性23件を修正
メモリアナライザ「MAT」に深刻な脆弱性
アプリ開発基盤「Spring」に複数脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox」脆弱性、国内で悪用を確認 - JPCERT/CCが注意喚起
「IBM Watson IoT MessageGateway Server」に深刻な脆弱性
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発