Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは

20180710_hs_sp_1.jpg

警察庁の調査では、2017年の「標的型攻撃メール」において「ばらまき型」が97%を占めました。

ところで、特定の組織や個人を狙う「標的型攻撃」なのに、なぜ同庁は「ばらまき型」と呼ぶのでしょうか。

次の中から選んでください。

 


(1)「同じ文面」で10カ所以上に送信されたから
(2)同じ送信元から「1つの会社に2通以上」送られたから
(3)同じ送信元から「約10分間隔」で送信されたから

気になる正解は、日立ソリューションズのウェブサイトでチェック!

 

出典 警察庁:「平成29年中におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」

 

(提供:日立ソリューションズ - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化