Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは

20180710_hs_sp_1.jpg

警察庁の調査では、2017年の「標的型攻撃メール」において「ばらまき型」が97%を占めました。

ところで、特定の組織や個人を狙う「標的型攻撃」なのに、なぜ同庁は「ばらまき型」と呼ぶのでしょうか。

次の中から選んでください。

 


(1)「同じ文面」で10カ所以上に送信されたから
(2)同じ送信元から「1つの会社に2通以上」送られたから
(3)同じ送信元から「約10分間隔」で送信されたから

気になる正解は、日立ソリューションズのウェブサイトでチェック!

 

出典 警察庁:「平成29年中におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」

 

(提供:日立ソリューションズ - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御