Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定

同社は、同月9日22時ごろに予定していたメンテナンス作業を完了。高負荷状態の緩和を確認し、10日10時の時点では安定した稼働状態だという。

障害の詳しい原因については調査中だが、同社は取材に対し、外部からのサイバー攻撃に起因するものではないとの報告をヤフーから受けていると説明。情報流出なども発生しておらず、データの消失についても否定している。

同サービスに対して、同社は引き続き監視を強化。経過を観察しているが、再度高負荷状態になった場合には、再びサービスを停止する可能性がある。同社は、稼働状況について、ウェブサイト上で随時報告していく予定。

(Security NEXT - 2018/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
オーガニック製品など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
トレンドら、制御システム向けのセキュアな無停止型エッジサーバを提供
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店