Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども

今回の不正アクセスでは、401の宿泊施設に影響があり、すでに一部の事業者より被害が公表されているが、FastBookingとしては、流出の影響を受けた宿泊施設や運営事業者に関しては、守秘義務により公表できないとしている。

同社は取材に対して今回の不正アクセスによる被害は、日本市場が最も影響が大きかったと説明。その一方で他市場における被害の状況については、顧客に関する守秘義務を理由にコメントを避けた。

不正アクセスの原因については、サーバ上で管理するアプリケーションが狙われたもので、サーバ上のデータに遠隔からアクセスを可能にするツールがインストールされた。フォレンジック調査を実施するなどさらなる原因究明を進めている。

また流出したクレジットカード情報12万580件については、クレジットカードの名義、番号、有効期限など、いずれもデータが暗号化されていたとしている。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
林業機械の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
服飾品に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性