Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども

今回の不正アクセスでは、401の宿泊施設に影響があり、すでに一部の事業者より被害が公表されているが、FastBookingとしては、流出の影響を受けた宿泊施設や運営事業者に関しては、守秘義務により公表できないとしている。

同社は取材に対して今回の不正アクセスによる被害は、日本市場が最も影響が大きかったと説明。その一方で他市場における被害の状況については、顧客に関する守秘義務を理由にコメントを避けた。

不正アクセスの原因については、サーバ上で管理するアプリケーションが狙われたもので、サーバ上のデータに遠隔からアクセスを可能にするツールがインストールされた。フォレンジック調査を実施するなどさらなる原因究明を進めている。

また流出したクレジットカード情報12万580件については、クレジットカードの名義、番号、有効期限など、いずれもデータが暗号化されていたとしている。

(Security NEXT - 2018/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出