Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に

5月に国内で検出されたマルウェアの件数が、4月の約1.5倍に拡大したとの調査結果をキヤノンITソリューションズが取りまとめた。なかでもメールの添付ファイルとして拡散したダウンローダーの増加が目立っている。

同社が取り扱うESET製品により、国内で検出したマルウェアの動向について取りまとめたもの。2018年は1月以降減少傾向が続き、4月には1月の7割弱程度まで減少していたが、5月は4月の約1.5倍にあたるマルウェアが検出され、1月とほぼ同水準にまで戻したという。

検出数がもっとも多かったのは、前月に引き続き「VBA/TrojanDownloader.Agent」で、検出数は前月の3.4倍に増加。全体に占める割合も、22.3%と前月の9.9%から12.4ポイント上昇している。

同マルウェアは、「VBA(Visual Basic for Applications)」を用いたダウンローダーで、「Wordファイル」や「Excelファイル」などで流通。おもにメールの添付ファイルとして拡散している。

20180625_ci_001.jpg
マルウェア全般および「VBA/TrojanDownloader.Agent」の推移(グラフ:CITS)

(Security NEXT - 2018/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国関与の攻撃グループ「APT10」の活動を非難 - 外務省談話
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を