Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に

シマンテックは、プロキシを利用したクラウドベースのネットワークセキュリティを提供する「Network Security for the Cloud Generation」の「Web Security Service(WSS)」において機能を強化した。

今回の機能強化は、ウェブサイトとのトラフィックをクラウド上の同社ゲートウェイを介することで複数のセキュリティ対策を提供する「Web Security Service(WSS)」に、ウェブサイトの閲覧において、実行環境と閲覧環境を分離するアイソレーション技術を追加したもの。

また同社エンドポイント製品「Symantec Endpoint Protection(SEP)」および「SEP Mobile」と、「WSS」を統合することで、ウェブサイトへのトラフィックを「WSS」へリダイレクトし、セキュリティポリシーを適用できる。

さらに「Software Defined WAN(SD-WAN)」と「WSS」を組み合わせ、主要なクラウドセキュリティサービスへ接続できるよう「SD-Cloud Connector」を用意した。

(Security NEXT - 2018/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応