Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、ランサムウェアによる暗号化被害を未然に防止するソフトウェア「MBSD Ransomware Defender」を開発し、提供を開始した。

同製品は、端末内の挙動を監視し、ランサムウェアによる暗号化の被害を防止するWindows向けソフトウェア。

ランサムウェアの攻撃動作にくわえ、暗号化の対象となるファイルの状態を監視することで、不正な暗号化処理を防御。被害を未然に防止する。

またパターンファイルに依存せず、アップデートは不要。主要セキュリティ対策ソフトと併用できる。ライセンスの価格は、4800円/年。

同社では、SOCによるログ監視や、EDRを活用したサービスなど提供してきたが、感染後すぐに暗号化を行うランサムウェアの被害を防ぐことは難しく、海外の最新製品でも対応するソリューションが見つからなかったとして自社開発に取り組んだという。

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入