Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能

カスペルスキーは、サイバー攻撃によるインシデントへの対応をゲームにより学習できる同社ツール「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)」を用いたゲーム大会を6月28日に開催する。

「KIPS Championship 日本大会 第2回」として開催するもので、「石油・ガス」版のシナリオを利用してスコアを競う。ゲームのシナリオは、油田とプラントが舞台だが、業務継続性や生産性など維持しつつ、セキュリティを確保するなど幅広いビジネスに応用できる内容だとしている。

ゲームは、オンラインおよび集合形式のオフラインで実施。1チーム3人以上で参加し、定員はオンラインが50チーム、オフラインが5チーム。

オンラインによる参加は、「Cisco WebEX」を使用。オフラインの会場は、秋葉原にあるカスペルスキー本社。参加費は無料で、申し込みは先着順で受け付ける。締め切りは6月20日18時。

スコアの上位3チームには認定証を送付するほか、同社ブログ上で紹介する。イベントの詳細や参加条件、申し込みなどは同社のウェブページから。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月