Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市

岡山市は、工業統計調査の準備調査名簿を、調査員が自宅で紛失したことを明らかにした。

同市によれば、工業統計調査員が自宅で準備調査名簿2枚を紛失していることが6月10日に判明したもの。調査員が調査資料を整理していたところ、所在がわからないことに気が付いたという。

所在不明となっている名簿には、9事業所に関する事業所名、所在地、電話番号、主要製品名、従業員数などが記載されていた。

5月15日に同市内のコンビニエンスストアにおいて資料をコピーしており、置き忘れた可能性があるという。

(Security NEXT - 2018/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県